せりぽよのきまぐれ日誌

せりぽよがきまぐれに更新します。

フリーライターとしての1歩を踏み出した話

ってわけで、タイトル通り。

フリーライターとしての1歩を踏み出しました。昔の自分が今の私を見たらどう思うのかな?

フリーライターなんてやれるほど文章力ないだろ」っていうんじゃないかなぁとも思います。

それでも、メンヘラ.jpで書いてきた記事を様々なメディアに提出して。そして3社(?)と打ち合わせなのか面談なのかをして。結果としては3社、もしくはメディアにライターとして採用されました。

2016年8月から今にかけて、メンヘラ.jpでライターとして執筆していたことは只の金銭稼ぎだけではなくて。

少しであっても様々な人に認められる内容であり、能力として少しでも身についたんだと考えると、今までは無駄じゃなかったんだなぁと思ったりします。

もちろん、今のままで満足はしていないですがうつとゆっくり闘病しつつ、フリーライターとして将来もやっていけたらいいなぁという夢を持っていたりします。

やりたいことが見つかったことはすごく幸せなことだと思うんです。勿論、会社員のように一定の収入がある訳では無いし、辛いことだってあるんだろうとは思います。

でも、人を惹きつける文章を書けない私の文章であっても、全体の知識がないと読みづらかったりする私の文章であっても、私の文章を好きって言ってくれる人が1人でもいてくれたら、今はそれでいいのかなぁって考えたりもしています。笑

メンヘラ.jpからスタートしたライター活動の時間を無駄なものにしないためにも、ゆるりと前向きにやっていきたいものですね。嫌々であっても、派遣キャバ嬢生活も収入が安定するまでは続くと思うので、折り合いつけつつやって行こうと、そう思います。

うつ病ADHD(仮)だとしても、障害者年金取れない程度の病状のグレーゾーンな人間であっても、諦めたくはないなぁとかも考えています。

勿論不安や心配は色々あるし、まだまだわかってないことも沢山あるけれども。どうにか生きていけたらなぁと思っています。

そんな感じの、文章ぐだぐだな現状報告でしたとさ。ちゃんちゃん。