せりぽよのきまぐれ日誌

せりぽよがきまぐれに更新します。

うつ病ゾンビから少し復活した話

少し復活しました。

理由としては、どうしても行きたかったバイオリニスト石川綾子さんのクラシックライブに行けるようになったこと、ライター応募がいい感じに進んだことが切欠とも言えます。

私がしっかりと文章を書いたのはメンヘラ.jpに拾ってもらったことが一番の要因として挙げられます。

去年の夏にひろってくださったわかり手さん、立ったまま寝るさんには足を向けて寝れない…本当に…

そしてある方(名前あげていいのかわからない)がライター応募の具体的なやり方を教えてくださったことでゾンビなりに応募してみたことが切欠なので、その方にも本当に感謝しています。

もちろん、まだライターとして雇ってもらえるかが確定したわけではありません。それでも、応募してみて合計4、5社話を聞いてくださる機会を設けてくれることになりました。

本当にいろんな方に足を向けて私は寝れないんだろうなぁと思っています。眠い頭でも、それだけは理解出来ています。ゾンビ化して1週間ひたすら眠りつづけて死んでいた私でも出来ることはあるんだなと、少し自尊心の向上に繋がりました。

元々派遣とはいえ、キャバ嬢という仕事が私にとって精神的負担になってきてはいました。理由は単純に向いてないからですね。私そもそもコミュ障なんですよ。

なので、すこしでもこれをきっかけに派遣キャバ嬢としての出勤を減らすことが出来たらなぁ、と考えています。ストレス源を減らすのは本当に大切だと思うので、やりたい事をやっていこうと思います。

もしまたゾンビ化しても、それは脳が休めと言っているということにして休もうと思います。

そんな私のひとり語りでしたとさ。