せりぽよのきまぐれ日誌

せりぽよがきまぐれに更新します。

母親からの愛が欲しかった。それだけだった。

私の中の感情が幼少期の感情と混合状態になって抑えが効かなくて困っている。体調不良で情緒不安定だというのを加味してもこれはひどい。頭湧いてる。涙が止まらないんだ。

 

根本的な理由はわからないが、原因はこれだ。母が5年も前に再婚していたらしい。Facebookにリンク付けられているアメブロを発見して、数年前の更新を見て漸く知った。

 娘の私が言うことでは無いかもしれないけれど、これで良かったのだろう。双極性障害15年選手お手帳1級、身体も結構故障している母が再婚できたのは奇跡とも言える事だと思うし、凄く嬉しいことではあるんだ。母が幸せならそれでいい。

それでいいはずなのに。そう理解しているのに、涙が止まらなくなってしまった。知りたくなかったんだ。私にとっての母は父の配偶者のままであって、妹を必死に育ててくれている人だった。愛情を歪んだふうに捉えていたとしても、私の母だった。

その母が、誰かほかの男性の妻として幸せになるという事に自分でも理解できない感情を抱いてしまった。

母に聞きたいことは山ほどある。昔から山ほどあった。それが一気に爆発して、泣くという感情表現で出てきてしまったようだ。

 

なんで再婚した事を教えてくれなかったんだ、そもそもなんで父と離婚したんだ、なんで私の事を置いていったの、わたしのことは要らない子だったのか、わたしのことを愛してくれていたのか、私に対してどう思っているのか、妹はどうしてるのか、妹は今後どうするのか、今の旦那さんとは幸せなのか。

 

だめだな、幼少期に聞きたかったことが多すぎて自分のことばかりになってしまう。愛されていたのは分かってるんだよ。その形がいくら歪んだものだったとしても、愛してくれていたのはわかってるんだよ。それでも、直接母の口から聞きたいんだよ。憶測じゃなくて、事実として知りたいんだよ。

 

もう今更なんだろうね、すべて。分かってるよ。でもね、私の中の泣き叫んでる昔の私を慰めるためには必要な事なんだろうと思うんだよ。私の事をお母さんは愛してくれていた。若しくは愛していなかったでも構わない。何れにせよ、その事実さえ認めることが出来れば、泣き止むと思うんだよ。

母と話したい。色々と、私が知るべきだと思う内容について聞きたい。傷つくかもしれないし、泣くかもしれないけれど、知るべきだと思うんだよ。

 

体調が良くないのも重なって、情緒不安定にも程があるな。これ以上書くと酷いものができそうだからここら辺で終わりにしとこう。